プレクサスの実際の洗車効果と使い方動画まとめ

プレクサス使用前後の違いを実際に検証してみた

ここからは、私の愛車を使ってプレクサスの水無し洗車の効果を検証していきたいと思います。

洗車前

プレクサス使用前のボディ

洗車後

プレクサス使用後のボディ

プレクサスはメッキモール、フロントグリルのメッキ部などの艶出しにも効果が有ります。

プレクサスを吹き付けて、マイクロファイバーで少し強めに擦っていくと、こんなにくすんでいたフロントグリルのメッキがピッカピカに光りだします。

洗車前

プレクサス使用前のメッキモール

洗車後

プレクサス使用後のメッキモール

プレクサスのすごいところは、一度施工しておけば次回以降の汚れが簡単に落とせるようになるというところ。

特に、ホイールなどに付着する頑固なブレーキダストを洗車するとき、以前は高圧洗浄機&ブレーキダスト専用の洗剤を使わないと綺麗にならなかったホイールのブレーキダストを、プレクサス&マイクロファイバーだけで簡単に綺麗にできるので超快感です。

ちなみに、プレクサスはホイールだけではなく、タイヤ(ゴムの部分)にも使うことができますので、ホイールを洗車するときに使ったプレクサスがたっぷりしみこんだマイクロファイバーでサッと一拭きしてあげるとしっとりした黒いタイヤの出来上がりです。

洗車前

プレクサス使用前のホイール汚れ

プレクサスをホイールに吹きかける

タオルでホイールの汚れを拭き取る

洗車後

ホイールのブレーキダストがきれいになった

それから、ホイール周りのボディに付着するような擦っても擦ってもとれない頑固な汚れも、プレクサスなら簡単に取り除くことができます。

洗車前

泥で汚れた車のボディ

プレクサスを汚れに吹きかける

洗車後

タオルでボディの汚れを拭き取る

プレクサスのすごいところは、さっと吹きかけてマイクロファイバーで一拭きするだけで地面が映りこむほどのツヤを出せるという点です。

水で洗い流す必要もないですし、舗装されていない場所で洗車するときも地面の泥がタイヤに付いたりすることもありません。

プレクサスで車の内装を掃除

プレクサスは、車のボディだけではなく、内装に使われている樹脂パーツやゴム部にも使うことができます。

例えば、土や泥などで汚れてしまうドア周りも、プレクサスを吹きかけてサッと一拭きすると、汚れが落ちるだけではなく、黒い樹脂パーツの経年劣化による白ボケも解消されます。

内装の掃除前

プレクサスで内装掃除前

内装の掃除後

プレクサスで内装掃除後

プレクサスは、アーマーオールのようにギラギラしたようなツヤではなく、なんというかサラッとしたような乾いた無機質なツヤが特徴です。

一度乾燥すると触っても手に付いたりしませんので、車の内装にもどんどん使っていくことができます。

車の内装でプレクサスが一番効果を発揮するのは、ナビなどの液晶画面やメーター周りです。

私の車は10年以上前の車なので、ナビやメーターなどにはたくさんの擦り傷が付いていました。

ですが、このプレクサスを使うようになってから、その擦り傷がなくなり、こんなにも透明感溢れる姿に変わりました。

プレクサスでナビがピカピカ

プレクサスでスピードメーターが透明に

本当はプレクサスを吹き付ける前の写真もあれば比較ができてよかったのですが、この部分は以前一度プレクサスを吹き付けてしまった後だったので、以前のような擦り傷がある状態の写真は撮ることができませんでした・・・。

逆に言うと、一度プレクサスを使うと、以前のようなキズだらけの状態には戻りにくい(乾拭きするだけでツヤが戻るような感じになる)ということがよく分かります。

次のページでは、プレクサスのデメリットについてお話していきます。

スポンサーリンク

3ページ目(全5ページ中)
スポンサーリンク