【故障症状】イグニッションコイルを自分で交換する方法

イグニッションコイルを自分で交換

走行距離が17万キロを迎えつつある我が家のノア・・・。

アクセルを踏み込んだ瞬間、素直にグワ~っと回転数が上がるのではなく、アクセルを踏んだ瞬間に一瞬だけ回転数が落ち、それからグワ~っと加速するという息継ぎのような症状が出ていました。

この時点で一つ気がかりになっていたのが、新車時から無交換だったプラグとイグニッションコイルで、特にイグニッションコイルが寿命(約10万キロ前後)に近づいてくると、アイドリング不良や加速時、走行時などに息継ぎのように回転数が落ち込む症状が出てくるようです。

そこで今回は17万キロも良く頑張ってくれたイグニッションコイルとプラグを一緒に交換した時の様子を写真付きでステップごとに詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

1ページ目(全4ページ中)
スポンサーリンク