DIY修理

【リモコン故障】修理や買換の前に試しておきたい6つの方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク


リモコンが故障しているかどうか確認する方法

リモコンが反応しなくなった場合、まずはじめにリモコンが故障したから反応しなくなったのか、テレビやエアコンなどの本体が壊れたから反応しなくなったのか、その原因を突き止めないといけませんよね。

そこでまず、リモコンがどういう仕組みで動いているのか、簡単に説明しておきます。

リモコンのボタンを押すと、リモコンの先端から赤外線という肉眼では見えない光が発射されます。

リモコンから出ている赤外線

その赤外線をテレビやエアコンなどの本体にある受光部がキャッチして、その光の中に入っている指令に従って本体が動作する仕組みになっています。

リモコンの故障で多いのは、テレビの受光部ではなく、リモコンからこの赤外線が出ていないという症状です。

ということで、リモコンが故障しているかどうかを判断したければ、リモコンの先端からこの赤外線が出ているかどうかを確認すれば良いということになります。

ただ、実際にリモコンのボタンを押しながらリモコンの先端の発光部を見てもらうと分かりますが、赤外線は眼で見ることができない種類の光なので、リモコンから赤外線が出ているかどうかを目視で確認する事は出来ません。

では一体どうすればいいのでしょうか?

リモコンから赤外線が出ているかどうかを確かめる方法は、主に2つあります。

【リモコン動作を確かめる方法その1】デジカメや携帯、スマホのカメラで見てみる

肉眼では見ることが出来ない赤外線ですが、デジカメや携帯、スマホのカメラのレンズ越しなら、簡単に見ることが出来ます。

リモコン赤外線をカメラで撮影

リモコンが正常に動いていたら、このようにリモコンの先端の発光部が赤くピカピカと点滅している様子が確認できます。

もし、リモコンのボタンを押してもその光が出ていないのであれば、リモコンが故障しているということが分かりますね。

【注意】iPhoneの背面カメラ(通常の写真撮影で使う側)は赤外線が映らない物が使われています。正面ディスプレイ側についているインカメラは赤外線が写りますので、そちらに切り替えて確認してみてください。

【リモコン動作を確かめる方法その2】AMラジオの近くでリモコンのボタンを押す

リモコンが正常に作動している場合、AMラジオを使って、そのリモコンから漏れ出るノイズを聞くことが出来ます。

テレビのリモコンの動作をAMラジオで確認

AMラジオを使ったリモコン動作の具体的な方法はこちら。

  1. ラジオのスイッチをAMに合わせる
  2. ダイヤルを回して放送の無い周波数に合わせる
  3. 音量を大き目にしておく
  4. リモコンをラジオに近づけ、リモコンのボタンを押す
  5. 「ジッ、ジッ、ジッ」とか「ガッ、ガッ、ガッ」という電子音のような雑音が聞こえるか確認する(大きな音で聞こえてきます)

このような雑音が聞こえたら、リモコンは正常に動作している(反応している)ということがわかります。

逆に考えると、いくらリモコンのボタンを押してもその雑音が聞こえなければ、そのリモコンは故障していると判断する事ができます。

また、他のボタンは反応しているようだけど、ある特定のボタンだけ雑音が聞こえないという場合は、そのボタンだけが壊れているという事まで特定することが出来ますね。

次のページでは、リモコンを買い換える前に試しておきたい方法についてお話していきます。




DIY生活マニア

実用的なDIY生活の運営者。7人家族で5人の子供の父親。いつも「どうにか安く必要なものを手に入れることができないか?」ということを考えながらDIYに励んでいる。

DIY生活マニアをフォローする


実用的なDIY生活
タイトルとURLをコピーしました