DIY修理

【リモコン故障】修理や買換の前に試しておきたい6つの方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク


リモコンを買い換える際のポイント

リモコンが壊れてしまって、色んな方法を試してもリモコンが直らない場合があります。

そんな場合は、リモコンを買い換えることを検討しましょう。

我が家のリモコンは2回の水濡れなどを経験し、そのたびに修理を行ってきたのですが、ついに何をやってもうんともすんとも言わなくなってしまいました。

リモコンは純正のリモコン以外にも、量販店に売っている汎用リモコン(テレビ用やエアコン用など)というものがあります。

汎用リモコン

※写真はエアコン用の汎用リモコンです。

電気屋さんなどで約1000~2000円で購入でき、簡単な初期設定を行うだけでどのテレビでも使えるようになるというものです。

汎用リモコンは純正品(3000~5000円ぐらいのものが多い)より安いですし、ほとんどのメーカーに対応できていますし、なにより近所の家電量販店やホームセンターなどで購入することができますので、その日からまたリモコンを使ってテレビを操作することができます。

私の場合、汎用リモコンだとリモコンの操作方法が変わってしまうのが嫌だったので、純正のリモコンをネットで探して購入することにしました。

同じ型番の純正リモコンを購入

ネットで純正リモコンを探すコツは、リモコンの下部に書かれている「型番」をネット検索するということです。

リモコンの型番を調べる

そうすると、ヤフオクやその他のネットショップなどで簡単に純正リモコンを見つけることができます。

ヤフオクでリモコンを購入

この方法だと、リモコンが届くまで2~3日かかってしまいますが、これまでと全く同じリモコンを手に入れることができ、操作方法なども変わらず使えます。

最後に一言

今回は、リモコンが故障!?修理や買換えの前に試しておきたい3つのことについてお話しました。

私の場合、これらの方法で、リモコンが直ることがよくあります。

ただ、これらの方法を試してもリモコンが治らない場合は、リモコンを新しいものに買い換える必要がありますので、いくら頑張ってもリモコンが直らない場合は、リモコンを修理するのはあきらめてネットショップなどで純正リモコンを購入することも検討してみてくださいね。

それでは!




DIY生活マニア

実用的なDIY生活の運営者。7人家族で5人の子供の父親。いつも「どうにか安く必要なものを手に入れることができないか?」ということを考えながらDIYに励んでいる。

DIY生活マニアをフォローする


実用的なDIY生活
タイトルとURLをコピーしました