【完全保存版】洗濯機が排水できないエラーやつまりを解消する方法

【STEP4】パイプユニッシュ投入後、1~2分脱水する

パイプユニッシュ投入後、すぐに1~2分ほど脱水します。

そうする事によって、パイプユニッシュが洗濯機内で詰まっている部分まで流れていき、つまりが解消しやすくなります。

【STEP5】電源OFFで30分程度放置する

1~2分の脱水が終わったら、洗濯機の電源を切り、そのままの状態で約30分間つけおきしておきます。

【STEP6】洗濯機の中にお湯を入れ、脱水。

30分経ったら、洗濯機から溢れてこない程度にお湯を入れ、脱水します。

すると、排水ホースから洗濯機の中で詰まっていたものがダーッと流れてきます。

洗濯機の中で詰まっていたものがだーっと流れてくる

これは流れ出てきた汚れの一部です。

写真に写っているよりも、もっと大きな汚れの塊なども沢山出てきましたよ。

【STEP7】洗濯コースで洗濯機の中を水洗い

最後は、洗濯機の中に残ったパイプユニッシュを洗い流すために、洗濯機の中には何も入れずに洗濯コースで水洗いしましょう。

この段階では、洗濯機の中にパイプユニッシュの匂いが残っている場合がありますが、次の洗濯を行った時に衣類に匂い移りするレベルではありません。

もし気になるようだったら、洗濯コースでの水洗いを何度かやっておくといいかもしれませんが、私の場合は特に気にならなかったので、そのまま衣類の洗濯をやっていきました。

次のページでは、どうしても洗濯機のつまりが解消されない場合の対処法についてお話していきます。

スポンサーリンク

4ページ目(全5ページ中)
スポンサーリンク