小学生用水筒カバーの底部破れをDIY補修する方法

水筒カバーの底部修理に必要なものについて

まずはじめに、今回の水筒カバーの破れ修理に必要なものについてお話してきます。

【必要なものその1】シリコンコーキング

シリコンコーキングで水筒カバー補修

まずはじめに必要なものは、ホームセンターなどで手に入れることができるシリコンコーキング(黒色)です。

シリコンコーキングは住宅の外壁などの隙間を埋めるために使われるもので、かなり強力に接着し、ゴム状に固まる性質があります。

コーキングガン(鉄砲みたいなもの)とコーキング剤はそれぞれ数百円で購入することができますので、準備しておきましょう。

【必要なものその2】新聞紙と養生テープ、ティシュなど

水筒のカバー破れを補修

シリコンコーキングを水筒カバーに塗りつける際に、他の場所にコーキングがついてしまわないようにするために新聞紙が必要です。

また、コーキングが固まるまで固定するためにガムテープを使います。

ティッシュは指についたコーキングを拭き取ったりする時に使いますので、準備しておきましょう。

次のページでは、水筒カバーの底部の具体的な破れ補修方法についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました