DIY修理

小学生用水筒カバーの底部破れをDIY補修する方法(その1)

スポンサーリンク
スポンサーリンク


【STEP1】水筒カバーの底部内面にシリコンコーキングを塗る

はじめに水筒カバーの底部の内側から補修していきます。

まず、水筒カバーの底部が動かないように、ガムテープで軽く固定しておきます。

ガムテープで水筒カバーの底部を固定

そして、シリコンコーキングを指に取り出し、内側底面に塗りつけていきましょう。

指にシリコンコーキングを取り出す

シリコンコーキングを底面に塗る

シリコンコーキングを塗った後の内側の状態

指についたコーキングはティッシュで拭けば簡単に拭き取ることができます。

指についたシリコンコーキングを拭き取る

そして、このまま1日コーキングが乾燥するまで放置しておきます。

【STEP2】水筒カバーの底部外面にシリコンコーキングを塗る

内側に塗りつけたシリコンコーキングが固まったら次は水筒カバー底面の外側です。

シリコンコーキングを底面に塗りつける

水筒カバーの外側にコーキングを塗る

コーキングを塗り終わったらまた一日しっかりと乾燥させていきます。

しっかりと乾燥させたら水筒カバーの底面修理は完了です。

底面を修理した後の水筒カバー

最後に一言

今回は、小学生用水筒カバーの底部破れをDIY補修する方法(その1)についてお話しました。

この方法なら水筒のカバーをしっかりと安く補修することができます。

ただ、この方法だと子供の水筒の扱いが悪い(地面を引きずる、水筒をぐるぐる回して投げて遊ぶなど)ような場合、半年から1年ぐらいでまた補修した部分が破れてきてしまいます。

そのような場合は、何度でも補修できる以下の方法も検討してみてください。

>>小学生用水筒カバーの底部破れをDIY補修する方法(その2)

それでは!




DIY生活マニア

実用的なDIY生活の運営者。7人家族で5人の子供の父親。いつも「どうにか安く必要なものを手に入れることができないか?」ということを考えながらDIYに励んでいる。

DIY生活マニアをフォローする


実用的なDIY生活
タイトルとURLをコピーしました