【保存版】裸足で乗れる竹馬の作り方(竹&縄編)

【STEP4】竹馬を組み立てる

いよいよここからが竹馬を組み立てるステップです。

まず、竹馬の本体となるパーツと支えとなるパーツをこのような感じでセットします。

竹の細い棒でパーツを固定

そして、この状態で先端にドリルで穴(6mm程度)を空けていきます。

ドリルで穴を開ける

ドリルで穴を開けた

次に、竹を咲いたときなどに出た細い竹の棒を短めにカットして、この穴にハンマーで叩き入れていきます。

竹を裂いた時に出た細い竹の棒

金槌で竹の棒を挿入する

竹馬の下部分が組み立てられた

次は、竹馬の足を乗せる部分です。

竹馬の支えを取り付ける

このような感じで、竹馬の本体に巻きつけるような感じでパーツをセットします。

出来上がりの位置を覚えた(マジックで印を付けた)ところで、ドリルで各パーツに穴を開けていきましょう。

足乗せパーツにドリルで穴を開ける

足を載せるパーツに穴を開けた

横側にも2個所、支えのパーツの先端が入る穴を開けておきましょう。

竹馬の足を載せる部分に穴を開ける

本体の方にもドリルで穴を開けていきます。

本体にドリルで穴を開ける

竹馬の本体に穴を開けた

穴を開け終えたら、先程と同じように細い竹の棒を使って、足を載せるパーツと竹馬の本体を組み立てていきます。

細い竹の棒でパーツを固定

よく見てもらうとわかりますが、本体を貫通した細い竹のパーツの棒の先端が足を載せるパーツの中に入っています。(片側のみ)

こうしておくと、竹馬に乗った時に足を載せるパーツが回転してしまわないようにすることができます。

後は、支えのパーツの先端の突き出た部分(2個所)を足を載せるパーツに開けた穴に差し込めば、竹馬の原型の出来上がりです。

竹馬の原型が出来上がった

【STEP4】紐で巻いて仕上げる

ここからは、紐を使って竹馬の仕上げを行っていきます。

まず、3mほどの長さで紐をカットします。

竹馬の先端部分に一度巻きつけ、固結びを2回します。

紐を竹馬の先端に縛り付ける

この時、もう一方の紐も手のひら1~2個分ぐらい長めに残しておいてください。

そこから、残しておいた紐を中に入れた状態でグルグルと紐を巻いていきます。

竹馬の下側の紐を巻き付けていく

竹馬の下側の紐の巻きつけ横から

このあたりまで来たら、先程まで中にれておいた紐を外に出し、支えとなるパーツの部分だけ3回ほど巻いていきます。

支えの部分の下側に隙間ができてきた

竹馬の支えの部分だけ巻く

後は、残しておいた紐と巻いていた紐を固結びでギュッと3回ほど結びましょう。

竹馬の下側の紐の巻き終わり

余った部分の紐はカットすれば、この部分の紐巻きは完了です。

次は、足を載せる部分に紐を巻いていきます。

まず5~6m程の紐を用意しましょう。

そして、支えとなるパーツの穴に紐を通し、固結びを2回ほどしていきます。

支えとなる部分のパーツに紐を通す

固結びをした後の支えのパーツ

ここでのポイントも先ほどと同じで、手のひら2個分ほど紐を残しておく点です。

ここまで準備ができたら、写真に向かって右側の部分から縄を巻いていきます。

足を載せる部分の紐を巻く

3~4回ほど紐を巻くことができたら、もう一本の紐を中に入れて、支えの反対側の部分を巻いていきます。

支えの反対側に紐を通す

紐の片方を下に入れる

足を載せる部分に紐を巻き続ける

ここまで来たら、紐を竹馬の本体にクロスさせるような感じで紐を巻きつけていきます。

紐をクロスさせるように巻く

もう一度紐を斜めに巻く

同じような感じで、もう一度クロスさせるように巻いておきます。

2回クロスさせるように巻いた

後は、残してあったもう片方の紐と3回ほど固結びしていきます。

残しておいたもう片方の紐

固結びした後の竹馬

余分な紐をカットすれば、この部分の紐巻きは完了です。

紐巻きもあと一回でおしまいですので、もう少し頑張っていきましょう。

2mほどに紐をカットし、支えの穴に通して、先程までと同じように片側を長めにのこした状態で、2回ほど固結びします。

紐を支えパーツの穴にもう一度通す

固結びした紐

次に、長い方の紐を足を載せるパーツの間に入れ、ギュッと下側に滑り込ませます。

長い方の紐を足を載せるパーツの隙間に入れる

紐を下にギュッと引っ張ったところ

ここから短い方の紐を下に入れた状態で長い方の紐を巻き始めます。

紐を巻いていく

3~4回巻き終えたら短い方の紐を上に出し、また長い方の紐をグルグルと巻いていきます。

短い方の紐を上に出す

紐を巻き終えた

ここで、また足を載せるパーツの間に紐を通して下側に持ってきて、そこで短い方の紐と結んでいきます。

紐を巻き終えた後

足を載せるパーツの間から紐を引っ張る

固結びで3回縛る

お疲れ様でした。

これで竹馬の完成です。

竹馬の完成

最後に一言

今回は、【保存版】裸足で乗れる竹馬の作り方(竹&縄編)についてお話しました。

この方法は竹を加工したり、紐を巻いたりなど、少し手間はかかります。

ですが、番線を使ったりしていないので針金で怪我をしてしまうこともありませんし、木で作るより軽く仕上がりますし、何より裸足で竹馬に乗ることができるのが特徴となっています。

ぜひ挑戦してみてくださいね。

それでは!