【再生できない】テレビの番組録画用ハードディスクが故障した場合の対処法

テレビの録画用ハードディスクが故障した時の対処法

テレビの録画用ハードディスクは約1万時間で寿命が来ると言われています。

我が家のテレビのHDDも購入から3年が過ぎ、最近録画した番組の再生ができないことが増えてきて、もうそろそろ故障してしまいそうな感じになってきました。

ただ、このHDDの中には子供が大好きなテレビ番組(映画やアニメなど)をたくさん録画しているため、新しいHDDを買ってきてそのまま取り替えるわけにはいきません。

「どうにか録画データを残したまま、ハードディスクも新しいものに交換することができないか?」

色々検討した結果、最近の液晶テレビはHDDを複数個接続できるようになっているようで、古いHDDから新しいHDDに録画データを移動(コピーはできない)できるようです。

そこで、古いHDDは残したまま新しいHDDを増設設置し、大切な録画データだけ新しいHDDに移動させて2台体制で運用し、古いHDDは完全に壊れるまで使い切るような形にしていくことにしました。

今回は、そんな調子の悪いHDDから大事な録画データを新しいHDDに移す具体的な方法についてお話してきます。



タイトルとURLをコピーしました