収納物置

【DIY木材】2×4(ツーバイフォー)材の買い方とDIY実例まとめ

ダイニングテーブルで使う2×4材

テーブルや棚、二段ベッド、ウッドデッキなど、DIYでいろんなものを作る時によく使う木材といえば、ずばり「2×4(ツーバイフォー)材」です。

今ではこの2×4材を使っていろんなものを作ることができるようになりましたが、2~3年前のDIY初心者の頃は・・・

  • 2×4材と言われてもなんのことだかよくわからない・・・
  • どこでどうやって購入したらいいのかわからない・・・
  • 2×4材でどのようなものが作れるのかわからない・・・

という感じでした。

そこで今回は、DIY初心者の人にもわかりやすいように2×4材のことについて、具体的な購入方法から、2×4材で作れる簡単DIY実例まで、写真付きで詳しくお話していきます。

2×4(ツーバイフォー)材ってどういう木材のことなの?

まずはじめに、2×4材ってどういう木材なとかということについてお話していきます。

2×4材とは、ずばり、ホームセンターの資材館などに売られている安くて加工がし易い、こんな感じで売られている木材のことです。

ダイニングテーブルで使う2×4材

2×4材の12フィート

2×4材というのは断面形状のサイズ(2インチ×4インチ、38mm×89mm )を表していて、ホームセンターでは以下のような全長のものが売られています。

  • 6フィート(約1828mm、約300~400円)
  • 8フィート(約2440mm、約500~600円)
  • 10フィート(約3048mm、約600~700円)
  • 12フィート(約3657mm、約700~800円)

木材を選ぶ時のポイントは、まず節や傷がないような見た目がきれいなものを見つけましょう。

できるだけきれいな木材を選ぶ

木材の割れ

見た目がきれいな2×4材を見つけることができたら、木材の反りや曲がりをチェックします。

木材の反り

左側の真っ直ぐな2×4材に対して、右側の2×4材はこんなにも反り返ってしまっていますので、そのようなものは購入しないようにしましょう。

2×4材は結構重たいものですので、こんな感じでカートに乗せてレジや車まで運んで購入することになると思います。

カートに乗せて2×4材を運ぶ

10フィート以上のものになると車に乗せて運ぶことが難しいので、ホームセンターの軽トラ(オートマ、無料のことが多い)を借りて自宅まで持ち帰ると良いでしょう。

長い木材はホームセンターで借りられる軽トラを使う

ホームセンターの軽トラ貸出は無料のことが多く、免許証と簡単な書類の記入だけで、約60~90分間借りられます。

軽トラを借りるのが面倒な場合は、ホームセンターの加工室などで必要な長さにカットし、短くなった木材を自分の車で運んでもいいと思います。

ホームセンターの加工室でカット

ちなみに、ホームセンターの加工室の利用の方法はだいたいこんな感じです。

  1. レジで木材を購入する
  2. 「木材加工をお願いしたいのですが・・・」とレジの人に言う
  3. 木材加工室に木材を持っていく
  4. 木材をカットしてもらう
  5. カット数が書かれた紙を受け取り、レジで料金(1カット30円程度)を支払う

2×4材は柔らかい木材なので、手ノコギリでも簡単にカットすることができますし、下穴加工をしなくても電動ドライバーでビス止めすることができるDIYにピッタリの木材です。

これからDIY を始めようと考えている人は、材料に2×4材を選んでみるといいと思います。

2×4材のDIY実例

ここからは、2×4材のDIY実例を紹介していきます。

ガーデンテーブル

塗装したダイニングテーブル

外でコーヒを飲んだり、家族でご飯を食べたりすることができるガーデンテーブルがほしいなぁ・・・

ただ、家族全員が座れるような大きなガーデンテーブルはあまり売られていませんし、少し小さめ(4~5人用)のものでも購入しようと思うと、3~7万円の出費になってしまいます。

どうにかガーデンテーブルを予算1万円以内で手に入れることはできないものか?

色々考えた結果、ホームセンターで売られている安い2×4材を組み合わせて、上の写真のような家族6人がゆったり座れる大きなガーデンテーブルを1万円で作ることができました。

このDIYガーデンテーブルの具体的な作り方はこちら。

>>【2×4材】DIYウッドデッキテーブルの具体的な作り方|DIYウッドデッキマニア

ローテーブル

2×4材で作ったローテーブル

夫婦でくつろぐリビングにおしゃれなカフェ風のローテーブルがほしいなぁ・・・

早速、ニトリやファニチャードーム、リサイクルセンターなどを回ってみると、「これはイイ!」と感じたローテーブルは、軒並み1万円以上で、中には4~5万円するものもありました。

でも、そこまでローテーブルにお金を出せないし、どうにかして安く、かつおしゃれなカフェ風のローテーブルを手に入れることが出来ないかものか・・・

色々と考えた結果、ホームセンターで売られている安くて丈夫な2×4材を使ってローテーブルを作ってみることにしました。

予算は2000円、製作時間は3時間といった感じ。

作り方は簡単な割になかなかおしゃれにできたので、妻も喜んでくれていますし、なかなかいい出来のDIYでした。

そんなおしゃれなカフェ風DIYローテーブルの具体的な作り方はこちら。

>>格安2000円、3時間で作るカフェ風DIYローテーブルの作り方

壁面収納棚

2×4材で作った壁面収納棚

書斎の壁におしゃれな壁面収納がほしいのだけれど、既製品は値段が高くてなかなか手が出ません・・・。

かと言って壁面収納棚を諦めたくないので、費用節約のため自分で壁面収納棚を作ろうと思いました。

「私のような素人にでも簡単に、かつ安くておしゃれな壁面収納棚を作ることができないものか?」

数日間、いろんな構造を考えた結果、予算6000円で電動ドライバーやのこぎりがあれば簡単に作れる2×4材を組み合わせて作る壁面収納棚を思いつきました。

おしゃれで丈夫な壁面収納棚の具体的な作り方はこちら。

>>【格安DIY】2×4材を組み合わせて作るおしゃれな壁面収納棚

安くて簡単に作れる棚

いつも玄関に子供の学校用品(教科書や筆記用具など)が散らかっているので、それを片付けられる棚がほしいなぁ・・・

我が家の場合、子どもがたくさんいるので、既成品を何個もおいておくスペースがなく、おしゃれな棚を購入する予算もありません。

どうしたものかいろいろと検討した結果、安くて丈夫、そしてその辺のホームセンターで買うことができる2×4(ツーバイフォー) 材と合板を組み合わせて自分で棚を作ることにしました。

2×4材とベニア板で作る安くて簡単な棚

この棚を作るためにかかった費用は約4000円で、材料の調達から製作まで半日という感じです。

今回は、この2×4材と合板を使った棚の具体的な作り方について、写真付きで詳しくお話していきます。

>>【2×4材と合板】簡単で安く作れる棚の作り方

壁掛けテレビ

2×4材で作った壁掛けテレビ

テレビを壁掛けにして、部屋をスッキリおしゃれにしたいなあ・・・・。

ただ、テレビを壁掛けにする場合、テレビを固定する金具を壁にビス止め固定しなければなりません。

賃貸住宅の場合、なるべく壁に穴を開けたくありませんし、どうにか壁に穴を開けずにテレビを壁掛けにすることはできないのでしょうか?

色々と検討した結果、2×4材とディアウォール(ウォリスト)を使って、予算たったの8000円で壁に穴を開けずにテレビを壁掛けにすることができました。

賃貸住宅におすすめの穴あけ無しでテレビを壁掛けにするDIY方法はこちら。

>>【賃貸穴あけ無し】格安8000円でテレビを壁掛けするDIY方法

二段ベッド

2×4材で作った二段ベッド

これまで我が家は並べて敷いた布団(シングルサイズ+ダブルサイズ)に家族5人が川の字になって寝ていました。

ですが、最近子どもがだんだん大きく、そして寝相も悪くなってきて、私たち大人が布団の端っこに追いやられるようになってくるように・・・。

妻からも「布団が狭くて、寝返りも打てないし、ぐっすり寝られない・・・。」と言われていたので、ようやく「どうしたらいいものか?」と本腰を入れて考えるようになりました。

最初に思いついたのは、二段ベットに子どもを寝かせようということだったのですが、我が家の場合、3人の子ども達はまだ保育園児なので、二段ベットに子ども達だけで寝られるわけではなく、必ず大人も一緒に寝てあげなければなりません。

大人も一緒に寝られるようなダブルサイズの二段ベッドをいろいろ探してみたのですが、価格の安い二段ベット(5~10万円前後)はシングルサイズのものばかりで、家族5人がゆったりと寝られるようなダブルサイズのものは量産されておらず、手作りのオーダー品などをを購入しようと思うと25~35万円の出費となってしまいます・・・。

残念ながら我が家は貧乏ないので、そのような高価な物を購入することはできません・・・。

さて、どうするか?

いろいろと考えた結果、思い切って家族5人がゆったりと寝られるダブルサイズの二段ベッドをツーバイフォー(2×4)材を使って自分で作ってしまうことにしました。

DIY二段ベッドを作るのに必要な費用は約2万円で、製作期間は約2日といった感じです。

このダブルサイズのすのこ二段ベッドの作り方はこちら。

>>【予算2万円】2×4材で作るダブルサイズの二段ベット

ウッドデッキ

2×4材で作ったウッドデッキ

我が家には、以前ホームセンターに売られている大きな縁台とラティスを組合せて作った簡易ウッドデッキがありました。

そのウッドデッキを作った当時(約4年前)は子供がまだ小さく、この広さのウッドデッキでも家族3人で十分楽しめていました。

ですが、子供達は大きくなり、さらに家族も増えたこともあって、家族からは「ウッドデッキ狭いから、広くして~!」という要望が・・・。

「う~ん、どうやってウッドデッキを広げていこうかなぁ?」

「ウッドデッキを広げるぐらいなら、一から作ったほうが安く付くかも・・・。」

という流れで作ったのが上の写真のウッドデッキです。

ウッドデッキのサイズは3.5m×3.5m(約6畳)、費用は約5万円(材料工具費込み)、製作期間は2日という感じでした。

この2×4材で作るDIYウッドデッキの具体的な作り方はこちら。

>>【予算5万円】広々おしゃれな本格ウッドデッキを簡単格安DIYする方法

最後に一言

今回は、【DIY木材】2×4(ツーバイフォー)材の買い方と実例まとめについてお話しました。

2×4材は安くて加工がしやすいため、DIY初心者にとっては扱いやすい木材だと思います。

ちょっとした工夫を積み重ねるだけでいろんなものがDIYできてしまいますので、是非一度挑戦してみてくださいね。

それでは!

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DIY生活マニア

実用的なDIY生活の運営者。8人家族で6人の子供の父親。いつも「どうにか安く必要なものを手に入れることができないか?」ということを考えながらDIYに励んでいる。

DIY生活マニアをフォローする
実用的なDIY生活
タイトルとURLをコピーしました