シンプルな屋根裏換気システムをDIY取付けする方法

屋根裏換気システムの具体的な使い方

屋根裏換気システムの使い方にはコツがあります。

その手順はこちら。

  1. 冷やしたい部屋(1F)の窓を開ける
  2. 空けた窓から点検口のある部屋(2F)までのドアを開ける
  3. 換気扇の電源を入れる

こうすることによって、効率よく外気を取り込み、室内の空気が換気扇の方に向かって流れ、室内の上方に溜まった熱気を屋根裏や壁の裏側に回すことができます。

屋根裏換気システムで家全体を冷却1

夏になると夜に外気温が下がっても、家の中が暑く感じるのは、家の屋根や壁が温められてしまい、外気温よりも家の屋根や壁の温度が高くなっているため。

真夏の夜にエアコンをつけなくても快適に過ごすためには、昼間の段階から積極的に家全体を冷やしておくことが重要です。

屋根裏換気扇の注意点

この屋根裏換気システムを使う際の注意点としては、冬など外気温が極端に低い時期に使用してはならないということです。

第二種換気のデメリットは、冷えた建築部材に暖かい湿った空気が接した時に結露が発生し手しまうことにあります。

送風機で室内に外気を供給し、排気は排気口から自然排気で押し出して行う換気設備を第2種換気設備と言います。 この方法では室内がプラス圧となり、出入口のドアを開けても他の部屋から汚染した空気が入ってこないという利点があります。 もともとは無菌室や手術室などクリーンルームに採用されてきた特殊な換気方法で、気密性能が高くない住宅では隙間から室内の水蒸気を含んだ空気が外部側に流れるために、冬季間に壁体内結露を起こす可能性が高く危険です。

引用)換気装置の種類|アトム環境工学

ですので、屋根材や外壁材が低温になっている冬場にこの屋根裏換気を使用するのはやめておきましょう。

夏場、室外の温度が室内より低い時にのみ換気扇を回すというイメージで活用してもらえばいいと思います。

次のページでは、DIY屋根裏換気システムのQ&Aについてお話していきます。