自分で取付け・取外し

【落雪防止】後付けの雪止め金具を自分でDIY取付する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク


【STEP1】瓦を持ち上げ、雪止め金具のベースを差し込む

雪止め金具を挿入

ここからは雪止め金具の設置方法についてお話していきます。

まず、瓦を持ち上げ雪止め金具のベース部分を挟み込むように設置します。

【STEP2】固定金具を取り付ける

固定金具を取り付ける

次に、雪止め金具を差し込んだ瓦の上側に、もう一つの固定金具を乗せるように置き、ナットを取り付けます。

【STEP3】13mmのスパナでナットを締める

スパナでナットを締める

そして、雪止め金具のぐらつきがなくなるまで、13mmのスパナでナットを締め付けていきます。

あとはそれを繰り返していき、最終的にはこんな感じで雪止め金具を設置していきます。

雪止め金具を設置した様子

なお、雪止めをどの位置に、どのような並び方で設置すればいいのかということについては、こちらのサイトなどが参考になると思います。

>>屋根の雪止めの4つの役割と、おススメの取り付け方法|ルーフパートナー

>>屋根雪について ~雪止め瓦 其の1雪の少ない地方編~|釈永瓦工務店

最後に一言

今回は、【落雪防止】後付けの雪止め金具を自分でDIY取付する方法についてお話しました。

雪止め金具は1個数百円で購入できますので、DIY取付できれば、かなり安く雪止めを設置することができます。

ただし、このDIYは雪止め金具の設置作業そのものは簡単なのですが、屋根の上に上る際や、屋根の上での作業の際にどうやって安全を確保するかということがとても難しいと感じました。

少しでも不安に思うのであれば、安全のためプロに頼んだ方がいいと思います。

それでは!




DIY生活マニア

実用的なDIY生活の運営者。7人家族で5人の子供の父親。いつも「どうにか安く必要なものを手に入れることができないか?」ということを考えながらDIYに励んでいる。

DIY生活マニアをフォローする


実用的なDIY生活
タイトルとURLをコピーしました