フロントガラスの油膜取りと再固着を防止する方法

雨の日の夜にギラつく自動車のフロントガラスの油膜を綺麗さっぱり取り除く方法から、油膜の再付着(固定化)を防ぐための方法まで、写真付きで詳しく解説。

%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%81%ab%e6%b0%b4%e3%82%92%e4%bb%98%e3%81%91%e3%81%99%e3%81%8e%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%81%86%e3%81%be%e3%81%8f%e6%b2%b9%e8%86%9c%e3%81%8c%e5%8f%96%e3%82%8c%e3%81%aa

夜に雨が降るとフロントガラスがギラギラしたり、夕方の逆光でフロントガラスが白く光って、運転中に前が見えにくくて困ってしまったことはありませんか?

そのフロントガラスのぎらつきの原因は、車に塗ったワックスが流れ出したものやアスファルトの油分、2スト原付の排気ガスなどの油分がフロントガラスに付着し、さらにその油分が太陽からの熱や紫外線によって変質硬化してしまうことによって、カーシャンプーなどでは取り除くことが出来ないぐらい強固な「油膜」になってフロントガラスに張り付いてしまっているのです。

ただ、この頑固な油膜はカー用品店などに売られている油膜取り(品名;キイロビンなど)を使えば、自分で簡単に取り除くことが出来ます。

そこで今回は、自分で車のフロントガラスの油膜を取り除く具体的な方法から、フロントガラスへの油膜の再付着を予防するためのポイントについても詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

1ページ目(全4ページ中)
スポンサーリンク