【キングサイズで家族向け】DIYすのこベッドの簡単な作り方

すのこベッドを作るために事前に準備するもの

ここで紹介するDIYすのこベッドは基本的にホームセンターに行けば購入できるものだけで作ることができます。

まずは、必要な部材をそろえていきましょう。

押し入れ用のすのこ(約2700円、ホームセンター)

すのこ

すのこは、ホームセンターに売ってる安いもので十分です。

キングサイズの寸法は「1950×1950mm」なので、それをカバーできる枚数を購入してください。

例えば、良くある「650×750mm」のすのこ(押し入れ用、2枚で800円程度)であれば、6枚あれば十分です。

ちょっと大きめのすのこを買っておいて、後でのこぎりで切ればOKなので、ぴったりの寸法じゃなくてもOKですよ。

キズ防止シール(約1000円、ホームセンター)

すのこのキズ防止シール-300x225

すのこと床が擦れて傷がつかないようにするために、キズ防止シール(500円で25枚)を張り付けます。

傷防止シールが少ないと、すのこベッドの上に乗った時のキシミの原因になりますから、ある程度多め(50枚程度)に買っておきましょう。

長い木の板(約800円、ホームセンター)

長めの木の板-229x300

小物を置くためのスペースを作るために、天板用の長めの木板を一枚準備しておきましょう。

寸法は1950×300ぐらいです。

コルクキューブ(約1000円、ホームセンター)

直方体のコルク_DIYベッドの小物スペース-300x223

小物スペースを作るときに、板の下には直方体のコルクキューブでかさ上げします。

左右に一つづつ使いますので、写真のような100×100×200mmの直方体のコルクキューブを2個買っておいてください。

キングサイズの敷布団(約10000円、楽天市場)

掛け布団は今までのものをそのまま使えばOKですが、あらかじめキングサイズの敷布団だけは購入しておきましょう。

楽天市場で見つけた安い敷布団

キングサイズの敷布団の相場は約20000円ぐらいですが、楽天市場で約10000円の敷布団を見つけましたので、参考まで。

ちなみに、私達もこの敷布団を使っています。

キングサイズのフラットシーツ

キングサイズの敷布団のシーツも合わせて購入しておいてください。

キングサイズの敷布団を持ち上げながらシーツの中に布団を入れるのは難しいので、よくあるファスナー付きのカバーシーツではなく、一枚の大きな布状のフラットシーツ(下図)にした方がいいです。

フラットシーツ

フラットシーツなら、上からかぶせて、端っこを布団の下に巻き込むだけでOKなので、女性でも簡単にシーツをかけることができますよ。

私が使っているのは、楽天で一番安いのもの(2800円ぐらい)です。

DIYすのこベッドの具体的な作り方

それではDIYすのこベッドを組み立てていきましょう。

まずは、コルクキューブを並べて、その上に小物置用の長い板を置いていきます。

コルクキューブと長い板で子物置スペースを作る-300x223

で、その次に、キズ防止シールを張り付けたすのこを並べていきます。

すのこを並べていく_キングサイズのDIYすのこベッド-300x223

はいっ、完成です!!!!

「!?」

超簡単すぎて、驚いちゃいました?

たったこれだけの作業でキングサイズのDIYすのこベッドができ上がってしまうんです。

とても安く、簡単にDIYできるので、ぜひ挑戦してみてください。

作り方がわかったところで、続いてはこのすのこベッドを3年間使ってみた感想やメリット、デメリットについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

4ページ目(全6ページ中)

スポンサーリンク

スポンサーリンク