収納物置

【2×4材と合板】簡単で安く作れる棚の作り方

いつも玄関に子供の学校用品(教科書や筆記用具など)が散らかっているので、それを片付けられる棚がほしいなぁ・・・

我が家の場合、子どもがたくさんいるので、既成品を何個もおいておくスペースがなく、おしゃれな棚を購入する予算もありません。

どうしたものかいろいろと検討した結果、安くて丈夫、そしてその辺のホームセンターで買うことができる2×4(ツーバイフォー) 材と合板を組み合わせて自分で棚を作ることにしました。

2×4材とベニア板で作る安くて簡単な棚

この棚を作るためにかかった費用は約4000円で、材料の調達から製作まで半日という感じです。

今回は、この2×4材と合板を使った棚の具体的な作り方について、写真付きで詳しくお話していきます。

DIYで棚を作るために必要なものについて

まずはじめに、自分で棚を作るために必要なものについて、お話していきます。

2×4材と合板

まずはじめに準備したのは、ホームセンターに売られている2×4材と合板です。

作りたい棚のサイズとしては、幅が910mm、奥行きが330mm、高さは2490mm、棚の段数は5段という感じです。

その棚を作るために柱となる2×4材の10フィート(約3050mm、約600円/本)を4本、そして、合板(幅910mm、長さ1820mm、厚さ12mm、約1300円/枚)を1枚購入しました。

そして、それらの木材を以下のような感じで、その場でカット(1カット30円程度)してもらっておきます。

木材のカット内容

・2×4材
 ⇛2490mm;4本
・2×4材(今回は家にあった端材を使った)
 ⇛330mm;10本
・合板
 ⇛幅820mm、奥行き330mm;5枚

木ネジ

木材を組み立てていく際に使う木ネジは、木割れを起こさないタイプで長さが45mm程度のもの(約500円程度)を選んで買っておきましょう。

L字アングル


棚を固定しておくために使うL字型のアングルも2個ほど購入しておきましょう。

上記のような金折の場合、4本セットで100円程度で購入することができます。

電動ドライバー

棚を組み立てていく(ネジを締めていく)際に使うのが電動ドライバーです。

電動ドライバーはわざわざ購入しなくても、ホームセンターの貸出レンタル(2泊3日で300円程度)を利用すればOKです。

できれば上記のようなインパクトドライバーというガガガガッと音がするタイプのものを手に入れておくと、ネジを締める作業を楽に行うことができます。

メジャー

棚を自作する際に使ったメジャー

後は寸法を測る際に使うメジャーがあればOKです。

もっていない場合はホームセンター(200~300円程度)か100円均一(100円)で購入することができますので、手に入れておきましょう。

棚の具体的な作り方

ここからは、棚の具体的な作り方についてお話していきます。

両サイドの柱を組み立てる

まずはじめに、両サイドの柱となる部分を組み立てていきます。

事前にカットしておいた2×4材(長いものと短いもの)を下図のような感じで並べていきます。

この際、長い柱の方を壁に押し当てるなどして、長い柱と短い木材が直角にクロスするようにします。

位置が決まったら、電動ドライバーを使ってネジ止めしていきます。

ネジは一箇所あたり3本ほど取り付けておくと、しっかりと組み立てることができます。

このような感じで棚の柱となるパーツを2セット作成しておきましょう。

合板を取り付ける

棚の柱の部分が出来上がったら、そこに予めカットしておいた合板を仮置きし、ネジ止めしていきます。

木ネジは少し斜めに打ち込んでいく感じで、一箇所あたり1本でOKです。

L字アングルで棚を固定する

すべての合板を取り付けられたら、棚をL字アングルで天井に固定しておきます。

天井に棚をL字アングル固定する

合板を取り付けただけだと横にグラグラしていた棚ですが、このように天井と固定してやると、もうガッチリびくともしなくなります。

今回は費用をできる限り安くするためにL字アングルを使いましたが、天井に穴を開けるのが嫌な場合は、この部分をディアウォールで代替するのも一つの手だと思います。

2×4材とベニア板で作る安くて簡単な棚

お疲れ様でした。

これで手作り棚の完成です。

最後に一言

今回は、【2×4材と合板】簡単で安く作れる棚の作り方についてお話しました。

この方法であれば、棚のサイズや段数などを変えることができるので、色んな所に棚を増設することができますし、何より大きな棚を格安で作ることができます。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク

DIY生活マニア

実用的なDIY生活の運営者。8人家族で6人の子供の父親。いつも「どうにか安く必要なものを手に入れることができないか?」ということを考えながらDIYに励んでいる。

DIY生活マニアをフォローする
実用的なDIY生活
タイトルとURLをコピーしました