【2×4材と合板】簡単で安く作れる棚の作り方

DIYで棚を作るために必要なものについて

まずはじめに、自分で棚を作るために必要なものについて、お話していきます。

【必要なものその1】2×4材と合板

まずはじめに準備したのは、ホームセンターに売られている2×4材と合板です。

作りたい棚のサイズとしては、幅が910mm、奥行きが330mm、高さは2490mm、棚の段数は5段という感じです。

その棚を作るために柱となる2×4材の10フィート(約3050mm、約600円/本)を4本、そして、合板(幅910mm、長さ1820mm、厚さ12mm、約1300円/枚)を1枚購入しました。

そして、それらの木材を以下のような感じで、その場でカット(1カット30円程度)してもらっておきます。

木材のカット内容

・2×4材
 ⇛2490mm;4本
・2×4材(今回は家にあった端材を使った)
 ⇛330mm;10本
・合板
 ⇛幅820mm、奥行き330mm;5枚

【必要なものその2】木ネジ

木材を組み立てていく際に使う木ネジは、木割れを起こさないタイプで長さが45mm程度のもの(約500円程度)を選んで買っておきましょう。

【必要なものその3】L字アングル


棚を固定しておくために使うL字型のアングルも2個ほど購入しておきましょう。

上記のような金折の場合、4本セットで100円程度で購入することができます。

【必要なものその4】電動ドライバー

棚を組み立てていく(ネジを締めていく)際に使うのが電動ドライバーです。

電動ドライバーはわざわざ購入しなくても、ホームセンターの貸出レンタル(2泊3日で300円程度)を利用すればOKです。

できれば上記のようなインパクトドライバーというガガガガッと音がするタイプのものを手に入れておくと、ネジを締める作業を楽に行うことができます。

【必要なものその5】メジャー

棚を自作する際に使ったメジャー

後は寸法を測る際に使うメジャーがあればOKです。

もっていない場合はホームセンター(200~300円程度)か100円均一(100円)で購入することができますので、手に入れておきましょう。

次のページでは、棚の具体的な作り方についてお話していきます。