【アクセスポイント】自分で無線LANルーターを追加設置する方法

有線LANで構築されているネットワークに、無線LANのアクセスポイント(ノートパソコンやスマホでネットに無線LAN接続、wifi接続するためのもの)を追加設置する方法を、写真付きで詳しく解説。

有線LANで構築されたインターネットに繋がっているネットワーク(パソコン、プリンター、HDDなど)に無線LANルーター(アクセスポイント)を増設設置して、ノートパソコンやタブレットなどを無線で接続できるようにしたい。

しかも、ノートパソコンを無線で接続したときに、今までのように既存のネットワークにつながっているプリンターで印刷したり、共有HDDにアクセスしたりできるようにしたい。

そう考えている組織運営者の人は多いのではないでしょうか?

出典)第1回:無線LANルータと無線アクセスポイントの違い|ブロードバンド用語のツボ

この内容の工事を全て業者任せにしてしまうと、恐らく数万円の費用(機器購入費用や工事費用など)がかかるでしょう。

ただ、ネットワークのことをちょこっと勉強して、アクセスポイントとして無線LANルーターを自分で追加設置してしまえば、先ほどのような使い方ができる無線環境をたった5000円で手に入れることができます。

そこで今回は、そこまでネットワークに詳しくない人でも、たった5000円で無線LANルーターを既存のネットワークに増設設置する方法について、ステップバイステップで詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

1ページ目(全3ページ中)
スポンサーリンク