【部屋干し】天井吊り式ものほしスタンドを格安DIY!

スポンサーリンク

【メリットその1】大量の洗濯物を部屋干しできる

天井吊り物干し台のいいところは、物干し台を洗濯物の量に合わせて各家庭で自由に追加変更できるため、一度に大量の洗濯物を部屋干しすることもできるというところ。

大量の洗濯物を干せる天井吊り式物干し

我が家では、物干し竿2本+カーテンレールなどで、洗濯機3回分の洗濯物を一度に干すことができています。

【メリットその2】部屋干しのために家具を移動しなくてもいい

一般的な洗濯干しと違って洗濯物が宙に浮いているため、大量の洗濯物を部屋干しのために家具を移動したりする手間がありません。

洗濯物の取り込み始めも、物干し台の下の床を広々使えるため、快適に洗濯物を取り込んだり、たたんだりすることができます。

【メリットその3】初期費用が安い

ここで紹介している天井吊り物干し台は、一箇所当たり約1500~2000円で作ることができ、とても経済的です。

【メリットその4】梅雨の時期なのに布団までサラリ

我が家は、寝室にこの部屋干し物干し台を設置してあります。

部屋干しをする時には先ほど紹介した除湿機を使っているため、洗濯物が乾くのはもちろん、寝室においてある布団の湿気も除湿機が取り除いてくれます。

布団を干すことができない雨の日が続く梅雨の時期でも、サラッとした布団で寝ることができます。

【メリットその5】冬は加湿器の替わりになる

以前は、風邪予防のために寝室に加湿器を置いて寝ていましたが、寝室にこの物干し台を設置してからは、夜に干す洗濯物から水分が蒸発するので、加湿器が要らなくなりました。

オフシーズンに加湿器を保管しておくスペースが要らなくなり、保管するための清掃の手間もなくなったので、この点も部屋干し物干し台のメリットとして紹介しておきます。

次のページでは、DIY物干し台のデメリットについてお話していきます。