【ブーツの修理】剥がれた靴底(かかと)を接着剤で補修する方法

スポンサーリンク

ブーツの靴底が剥がれた

長年使い続けてきたこのブーツの靴底ソール部分が剥がれてしまいました。

このようにブーツのかかと部分は経年劣化によって、製造時に塗られていた接着剤の接着力が徐々に弱まっていき、最終的にはこのような感じで剥がれてきてしまいます。

こうなってしまったら新しいブーツを購入してそれに履き替えるのが普通かもしれませんが、我が家の家計にはそのような余裕はありません。

「どうにかして、ソール部分を元通りに貼り付けられる方法はないのだろうか?」

真っ先に思い浮かんだのが、アロンアルファなどの瞬間接着剤でソールをくっつけてみるという方法でしたが、その方法は以前に試したことがあり、2~3日ほどでまた剥がれてきてしまう結果でした。

それを踏まえて今回は、靴底などに使える専用の接着剤(ホームセンターで600円ぐらいで購入可能)を使って靴底を修理してみたところ靴底はしっかりと接着され、接着から半年経過後もまだちゃんとくっついています。

靴底を接着剤補修してから半年後

今回はこの靴底の接着にも使える専用の接着剤を使って、靴底を修理補修する方法について詳しくお話していきます。