【乾燥故障】乾かなくなったドラム式洗濯機のDIY修理方法

洗濯乾燥機が乾かなくなった経緯とその原因

我が家の洗濯乾燥機はドラム式で、約8年ほど前に購入したものです。

1年前ぐらいから、少しづつ乾燥にかかる時間が長くなってきたりしていてちょっと怪しいなぁと思っていましたが、最近乾燥が終了しても洗濯物が湿っていることが多くなってきました。

これまでは洗濯機の乾燥フィルターを掃除すればまた元のように乾燥できるようになっていました。

ですが、今回はこの乾燥フィルターのホコリをキレイに取り除いても全然乾燥できないような状況です。

もう8年も使っていたので保証も切れていますし、修理に出すより買い替えたほうがいいかなぁなんて考えていたのですが、どうせ買い換えるなら一か八か、分解してみて、何が原因で乾燥できなくなったのか調べてみたくなりました。

結論から先にお話すると、洗濯物が乾かなかった原因は、空気を循環させるダクトの中に大量のホコリが詰まってしまっていて、空気の流れが悪くなってしまっていたということでした。

パット見ただけでもわかると思いますが、ダクトの2/3はホコリで詰まってしまっています。

このホコリが詰まっていたのは、乾燥フィルターのちょうど手前辺りのところでした。

乾燥フィルターに詰まったホコリを取り除いても、その手前でホコリが詰まっていたのでうまく乾燥できなかったのですね。

ホコリ除去後は本体リセットが必要

ホコリを取り除いた後は、以前と同じようにカラッと洗濯物が乾くようになったのですが、一つだけ問題が残りました。

それは、洗濯機に少なめの洗濯物を入れ、標準の乾燥コースを選ぶと、本来であれば2時間程度の時間表示になるところ、修理前と同じように長い乾燥時間(3~4時間など)に設定されてしまうということでした。

乾燥時間が長く設定されてしまうと、途中で洗濯物は完全に乾いてしまっているのに無駄に乾燥機が回っているということになるので、あまりいい状態ではありません。

この点については、洗濯機本体のリセット(説明書にかかれている方法)を行ってみることにしました。

洗濯機の初期化の方法

出典)ドラム式洗濯乾燥機 家庭用 AWD-AQ4000 取扱説明書|SANYO

その結果、少ない洗濯物で標準乾燥コースを選べば、短めの乾燥時間になるという本来の状態に戻すことが出来ました。

おそらく、メーカーもホコリが原因で乾燥時間が伸びてしまうということは把握していて、総運転時間などから乾燥時間を徐々に伸ばしていくようなプログラムがなされているのでしょう。

基本的にどのメーカーの洗濯乾燥機でも、乾燥機能をよく使う家庭の場合、5年以上経過していくるとダクトの中にホコリが溜まってきているはずなので、洗濯物が乾かなくなってきたなぁと感じたら、このような原因が考えられることを知っておきましょう。

次のページでは、具体的な洗濯乾燥機の分解方法についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました